橘慶子 スカートを捲ってグラマーな女教師の子宮に激しく男根を突き立てる

2015-03-06

お気に入り登録

旦那を尻に敷く妻の、卑猥ないやらしい尻が顔面騎乗。オトコの顔を容赦なく圧迫し押しつぶしてゆく。足舐め・腿舐め・股間舐め・何時間も気が済むまで奉仕させる奔放な淫乱妻。ようやく騎乗位で果てたあとも、まだ物足りないのか男を道具のように扱う妻の尻。慶子の性欲はとめどない。すればするほど欲しくなるのか貪欲な舌なめずり。

先日、二十歳になった息子と初めての晩酌を交わすうち、私はなんだか変な気分になってしまいました。その夜、体の火照りを抑えられない私は、寝ている息子の布団の中へと手を伸ばしてしまったのです…。

父が慶子さんと再婚して3ヶ月、毎晩イチャつく二人を見ている僕は興奮して眠れない日々を過ごしていました。そして、いつしか僕は慶子さんのことを母ではなく女としか見れなくなってしまったのです…。

「慶子さん、蔵の二階にある本を一緒に探して欲しいのだか、時間あるかな?」定年退職し嫁の慶子と昼間一緒に過ごす時間が増えた義父・幸造は、今まで気付かなかった嫁の事について徐々に分かり始めてきた。とりわけその体つき、尻について。その慶子の妖艶な巨尻に興味を持ち始め、ある日もある日も舐め回す様に視姦してきた幸造がとったワナ!幸造の頭上で無防備に覗くパンツに覆われた巨尻!幸造は思わず、その成熟した尻に触れてしまった…。エスカレートする義父の悪戯!抵抗できず玩具にされる慶子の熟れた桃尻!

私の夫は3年前に亡くなってしまいました。あの日、義弟に秘密を握られてから、悲しさと寂しさを紛らわすために変態関係が続いています。そんなある日、義弟は私を庭に連れ出し、そこで放尿させ、濡れたアソコを友人に舐めさせたのです。まさか、そんな醜態を義兄に見られているとも知らず私は身悶えてしまい…。

再婚した夫が海外出張で不在の家に夫の連れ子よしおと暮らす慶子。最近たくましくなってきたよしおを異性として意識してはいけないと思いながら彼への想いを止められない。そしてよしおも同級生たちに誘惑され肉欲に耽る慶子の痴態を想像し独り嫉妬に狂っていたのだ。そしてついに愛を確かめ合う二人。そして…。

PR
PR