【水樹まや】美人熟女母さんが愛する人は自分の...

2014-06-05

お気に入り登録

Gカップの爆乳おばさんは、町内でも有名なヤリマンだった…。『硬くて太いオチンチンを頂戴』近所でも評判の美人で巨乳なおばさんには、SEX依存症と言っても過言でないくらいに淫乱な裏の顔があった。その体に火が付いたおばさんは、おじさんたちを受け入れる。町内会の公衆便所とも言われる噂のおばさんは、天使の様な美しいイキ顔だった…。

私水樹まやと申します…。私には男の子が一人います。小さい頃は素直で可愛かったのですが、●校生に上がった頃からでしょうか…あまり私と喋ってくれなくて…また最近うちの息子に彼女らしき女ができたみたいで…。……それで息子の態度が変わってしまったのかしら……。正直……息子の彼女に嫉妬しているのかな~………。本当はショウタロウが気が優しいのはママ……分かってるからね◆それから…毎日のように息子との妄想を抱くようになり……わたし……最近……おかしいんです……うふ。

一人息子の繁雄と2人で暮らしている母・まや。ある日、●学生の頃からの繁雄の友達・斉藤が家に遊びに来ていた。以前からまやに性的興味を抱いていた斉藤は、繁雄の目を盗んで無理やりまやを犯してしまう。息子の友達と肉体関係を持ってしまった事に罪悪感を感じながらも、若い男との久々のセックスに感じてしまうまやの身体。ヤリたくてしかたがない年頃の男たちの行為は、日に日にエスカレートしていって…。

事故で入院した妻のあゆみが退院するまでの間、一人で暮らす事になった修一。そんな修一の元に義母・まやが身の回りの世話をしにやって来たところから物語は始まる。服を着ていても分かるくらいのまやの大きなバスト、そしてスカートがはち切れそうなほど豊満な柔尻。それらはすべてあゆみにはないものだった。そんな義母の匂い立つ「色気」に触れた修一は、禁欲生活から脱出するべく、まやと間違いを犯してしまうのだが…。

一人息子の健が幼いころに夫と死別…まやは女手一つで健を育ててきた。まやと健の「母子の絆」は強く、二人は身体の関係を結ぶまでになっていた。しかし二人の絆はもろくも崩れる事になる。その原因は健の「夜遊び」。まやに連絡も入れずに夜遅く帰って来る健を見かねまやは思わず健に手をあげてしまい…。そして数日後、まやは「夜遊び」をしていると決めつけていた健の帰りが遅い本当の理由を知ることになる。それは…。

Obasan専属美熟女・水樹まや第二弾作品!!<修学旅行>を二日後に控え、まやの息子・淳平は一人思い悩んでいた。その理由は「アソコの毛が生えてきた」から―。みんなで入浴した時に、クラスメイトに馬鹿にされないか今から悩んでいたのであった。そんな淳平は、意を決して母に相談をするのだが…。「じゃあ、これからお母さんと一緒にお風呂に入ろっか?」そして数分後、二人は数年ぶりの「母子入浴」をする事になり…。

PR
PR