増尾彩 着衣近親相姦 裸になるまで待てない母親

お気に入り登録

老小説家に献身的に仕える妻は、小説の題材のためと、夫に言われるがまま若い男とのセックスを重ねる。その様子を隠れ見る夫。見られていることで更に欲情する妻。今まで感じたことのない性的刺激に、妻は自ら男を誘うように股を開いていく。だがそこには意外な結末が潜んでいた。

医者で真面目な夫・健二を持つ彩には、予備校生の息子・明彦がいた。しかし、彼は一向に大学に受かる気配もない。健二はそんな息子を彩の血を引いたせいだと信じ、SEXを拒み続けている。そんなある日、夫に内緒で投資していた株が暴落し呆然とする彩。それを知った明彦が彩に迫る。心に暗い影を持つ明彦は母を犯し、客を取る娼婦へと仕立てていく。だが明彦の本当の目的とは、彩を自分の性奴隷とすることであった。

再婚した夫とその連れ子よしおと暮らす義母・彩。夫との性生活はなく寂しい体を持て余している。そんな寂しさを見透かしたよしおに誘惑され彼の性奴隷に堕ちてしまった。よしおの友人たちに肉体奉仕させられ夫の眠る横で夜這い愛撫されたり、心は拒んでも熟れた体は少年達の若い欲望の言いなり。

夫が他界し息子と二人暮らす彩。最近女としての自分を意識してしまう日々だ。そんなある日、母を知らずに育った息子の友人・清水の1日お母さんをすることに。二人はいけない関係になってしまう。彩の眠っていた肉体の欲望に火がついて燃え上がる。それからは清水たちの言いなりに激しい欲望の世界へと堕ちて行く。

ムッチリ熟した体がエロい彩さんはこの撮影を楽しみにしてきたドスケベさんだ。3人の逞しい男に全身愛撫され即行でスイッチON!バイブに目ときめかせクリをジラされ「我慢できない」と白い本気汁を滴らせる。ハメ撮りでは密室で高まった敏感度が爆発し、ピンポイントローター&電マ責めに「もう駄目!」の声が響く。

ムッチリもっちり迫力ボディと、ぽってりした艶やかな唇がセクシーな人気美熟女・増尾彩の総集編が完成しました。オトナの女の魅力を全開に曝け出した濃厚なSEXは見ごたえ抜群。突かれる度に波打つ豊満なおっぱいとウエストに、思わずむしゃぶりつきたくなること請け合い!さらに貪るように吸い付く艶熟フェラチオも必見!増尾彩の淫乱エロスで貴方を虜にしちゃいます!

PR
PR