【西野翔】怪奇体験!全裸女が俺目がけて走ってきた!全裸男も現れてヤリ始めたんだけど!! その5

2014-12-05

お気に入り登録

万能がんウイルスの新発見について執筆した論文が高く評価され、知名度は急上昇。若くして大学の准教授に昇進した清香…恩師によって隠蔽された『論分の共同執筆者』…研究の表舞台から姿を消した共同執筆者の怒りの矛先は!

恋人に振られて気落ちする叔母・翔を心配して甥の俊介は毎日のように彼女の家に訪れ、かいがいしく世話をしていた。そのうち、俊介へ愛しさを感じ始めた翔は彼の入浴中にいきなり全裸で入り込み…。動揺する俊介をからかうように、緊張と興奮でそそり立つ肉棒をおもむろに咥えた翔は、そのまま彼の筆下ろしをしてやるのだった。しかし、その日を境に俊介の態度は妙によそよそしくなり…。

父・隆司と2人、男やもめで暮らしてきたユヅルはある日、淑美(翔)という女性を紹介される。いつも笑顔で接してくる淑美に対して女への免疫が無いユヅルはいつも素っ気ない対応でごまかして…。ある夜、二人きりの夕食で酒を飲み過ぎ泥酔した淑美は隆司と間違いユヅルの肉棒をしゃぶってしまう。以来、その事が頭から離れず淑美を意識して悶々とするユヅルだが、皮肉にも淑美と隆司の交わる姿を目撃して…。

定年退職した義父・和重とこの春から一緒に暮らすことになった妻・翔。昔からいい加減で女クセの悪い和重は、さっそく翔に目を付けとんでもない計画を実行に移していった。家族3人で晩酌中、翔のグラスに睡眠薬をこっそりと入れる和重。見事に罠にはまりグッスリと寝てしまった翔の身体を撫でまわし、舐めまわしているうちに興奮を抑えきれなくなってしまった和重は、無防備な翔のマンコに肉棒をズップリと…。

友人女性とルームシェアをしているOLの利香子(西野)は、家に忍び込んできた強姦魔の阿久津に犯されてしまう。その後も家に居座る阿久津に脅迫され、助けを求める事も出来ずに弄ばれ続ける彼女だったが…。

学習塾の事務員・真子は、塾長のセクハラに苦悩していた。このご時勢、やっと就いた仕事を簡単に辞めるわけにもいかず…。そんなある日の事、彼女は女子更衣室で着替えの最中に、入口の辺りに怪しい人の気配を感じた…。

PR
PR