冴島かおりさえじまかおりママの淫乱!卑猥な性活

2014-11-26

お気に入り登録

−[投稿者]バッカでぇぇぇす

出典元

峰一也のドすけべ面接に合格した『冴島かおり』はミネックJr.と共に地下調教ルームへ。しつこい本格的アクメ調教に顔面を痙攣させイキ狂う!※イス拘束プレー3カメ収録!

こんなママが欲しかった!おはようから、おやすみまで笑顔が可愛いかおりママとえっちな完全バーチャル体験!顔から火が吹き出るほど恥ずかしすぎるかおりママの甘やかし、柔らかおっぱいと温かいお口、熱いぬるぬるマンコでボクのおちんちんをお世話してくれる最高の甘えん坊セックスライフがここに実現!この作品でぜひ、幸せなお時間をお楽しみください。

僕、ヒデユキ、35歳。仕事は、個人で税理士をやっている。たまに、得意先の案件が重なってしまった時なんかに、妻のカオリに、仕事のサポートを頼む事がある。先日、妻を連れて駅近くの土建会社へと赴いた時に、そこの従業員の男達が、マジメな性格の妻に対して、いろいろと、軽いノリのちょっかいを出したりしてきた。まあ、若い肉体労働系の奴らだし、多少の事は目をつぶるかね…そんな風に妻帯者の余裕を吹かせていた僕だったが、後日、妻から聞かされた衝撃の事実に、その余裕も吹き飛んだ。

仕事と家事を両立していた妻のかおりは、最近なんだか疲れ気味だった。そんなかおりを心配した夫は、駅前のマッサージ店をすすめる。かおりは夫の優しい気遣いに甘えて、気分転換に行ってみることにしたのだが…。そこで施されるマッサージは、セクハラまがいの卑猥過ぎるものだった。

夫の実家へ帰省することになった冴島夫婦。妻のかおりは気がかりな事があった。義父、太郎との事だった…。将来は夫の実家に帰り住むのか?と夫の良一(よしかず)に相談するが「まだわからない?」と素っ気ない返事が帰ってくる……。そんな折…スケベ義父の太郎がかおりにちょっかいをだしてくる……。

麗しの若奥様、冴島かおりのベスト作品が早くもリリース!クラスのみんなに自慢したい美人ママ、ところが僕はそれに似ても似つかぬ童貞○校生。彼女ができずに悩む僕の童貞を奪っちゃったのは…なんとかおりママ!しかも、若いデカチンに興味シンシンで、お母さんの方から誘ってくることも!お父さんには内緒で、今日もお母さんでいっぱい気持ち良くなっちゃおっと!デジモで収録!

PR
PR