拘束レズレイプ♪北条麻妃&柏木あづさ&神乃いずみ

-0001-11-3

お気に入り登録

隣に住む美人のいずみに興味を抱く男は、彼女の行動を事細かに観察していた…。一見、夫を支える良き妻に見える彼女だったが観察を続ける内に管理人との不倫が発覚。隣人の男は不倫の証拠をネタにいずみを脅迫し肉体関係を迫る…。最初は嫌々ながら従ういずみだったが男の調教により、さらなるM性を開花させる!!

息子の友人・カトウ君が遊びに来た時の事です。あいにく家には私一人で息子が帰ってくるまで待ってもらうことにしました。女性と二人きりになるのが初めてだったのかカトウ君はすごく緊張していました。私は、そんなカトウ君の事を可愛いと思ってしまい、ちょっとしたイタズラ心から魔が差してしまったのです。でも、この事が最悪な事態を招いてしまいました。後から遅れて来たもう一人の息子の友人に、その一部始終を盗撮されて…。

貞淑美人母・神乃いずみ。先日、庭の手入れを業者に頼んだ所、早朝から作業をしていた作業員達は、学生時代に息子をいじめていた過去があった。その日、浮かない気持ちで登校する息子。一方その頃、自宅では掃除中の母が若く逞しい肉棒に、何回も何回も激しく突かれ犯されてしまうという事態になってしまう。そして、挙げ句の果てに、息子の目の前で、友達ふたりにパンパンと突かれて、喘ぎまくっている母。最も見られたくなかった、愛する我が子の眼前で晒け出される、望まない絶頂だった。

離婚して両親の残した家で息子と二人で暮らす母・いずみ。あるとき離婚後も金の無心に来る夫に絡まれているところを偶然、リフォーム会社の清水に助けられる。ろくに世間も知らないお人よしのいずみはそれを機に清水と親しくなり…。さらには流されるまま身体まで許してしまう。その後も息子の勉強を見てもらうなど、完全に清水を受け入れるいずみだが「清水には気をつけろ」と言い残し去った夫の言葉だけが胸にひっかかり…。

風の吹くまま気の向くまま、テキ屋稼業を営みながら全国津々浦々を旅する香具師の熊次郎。とある山奥の温泉宿にやってきたが、そこで出会ったのは一人旅をしている謎の美女・いずみ。いずみの不幸な境遇に同情し手を差し伸べる熊次郎。そしてそんな熊次郎の温かさに触れ、心惹かれるいずみ。道中、様々な出来事にまきこまれながら二人の距離は次第に近づき、そしてついに結ばれるが…別れは突然やってくる。

夫に先立たれたいずみは、パートと内職でなんとか息子二人を育てていた。お金はなくとも笑顔の絶えない家庭で、仲睦まじく暮らしていた親子は毎晩のように混浴していたのだが、この日はなぜか次男のチンコが反応してしまい気まずい空気に…。しかしそれも束の間、我が子が可愛くて仕方ないいずみは、次男を優しく愛撫して…。そして、そんな二人を覗き見ていた長男もまた禁断の関係を結んでしまう。

PR
PR