メガネが可愛い巨乳JKを黒人先生が美味しく食べちゃいますw その3

淫魔が巣食う道場に殺された兄の敵討ちにやって来た妹。しかし卑劣な手段で敵に敗れ囚われる。武士の誇りである褌を剥ぎ取られ淫ら極まる暴虐拷問、倒錯した被虐の悦びに悶える。気丈な女剣士を完膚なきまで陵辱する…。

OLのりょうは、マゾの変態女である。鏡の前で裸身を映しては一人二役言葉責めオナニーで快楽を貪っていた。勤務中はノーパンノーブラ。男性社員たちに、薄いブラウス越しに勃起した乳首や、ムキ出しビラビラオマンコをさりげなく見せつけ、見られる快感に酔っていた。そんなある日。社長面談でマゾであることを見抜かれて、最低の奴隷OLとして調教されてしまうのだった。

SM動画を公開しているサイトを見て、自分が調教される妄想をしていた人妻。身体の火照りを抑える事が出来ずに、ついには男宛に調教依頼をメールし、温泉で密会することに。

毎夜、りょうの妄想がいやらしいのでお仕置きされる。これもりょうの妄想か…「また、いやらしい妄想してるから、お仕置きや…ええな…」毎夜、雪村におもちゃでいかされるが…りょうの性欲は果てることがない…そして妄想の中のいやらしい親父におもちゃで責められる。バイブ・アナルバイブ・開脚縛りを中心に羞恥縄が連続してりょうをせめたてる。

辻本りょうの核心に迫るインタビューで彼女の心の奥底を曝け出し、男をコントロールするM性に気付かせる事に成功した。そう彼女はただ痴女なのではなく、相手のペースを把握しながら、最大限に相手に尽くす真性M女だったのだ。喉奥に突き立てられるチンポに歓喜の顔を浮かべ、足の指をオマンコに挿れられ、イキまくる。激しく腰を打ちつけられ、窒息するかの如く呼吸を乱し静かに絶頂する姿はまさに圧巻です!!

「一年間家政婦をしたら借金の肩代わりをしてくれる」しかしその日のうちに陵辱されてしまう。抵抗むなしく厳しく縛り上げられ調教され、隅々まで敏感になったりょうのカラダは、もはや縄なしではいられなくなった…「緊縛され何度も果てるまで開放してもらえません…開放された後もご主人さまへの奉仕が待っています」でもこんな愛のかたちもあるんだと思う…わたしのカラダ、もうきつい股縄でしか感じなくなりました…

PR
PR