【西田琴音】彼女が目当てで毎回、同じ店に行っては口説いてやっとハメ撮りSEX成功 その2

2014-08-22

お気に入り登録

ふわっふわのマシュマロHカップおっぱいを持つ18歳の西田琴音ちゃんがボインボックスデビュー!今にも弾けそうなブラを取ってあげると、触れた指が埋もれてしまうほど白い爆乳、そして大きくも美しい乳輪が!本人は恥ずかしがっていても、そのおっぱいの主張は止まりません。乳首愛撫でグッショリ濡れたオマンコに挿入すると、こちらもムッチリ肉厚で最高!パイズリご奉仕も大好きなムッチリ美少女の痴態をデジモで収録!

すじこにはメガネ職人のお兄ちゃんがいる。お兄ちゃんは、メガネ造りの腕はいいのだが、全くの人見知りで口べたの為、コミュニケーション能力がゼロである。そんなお兄ちゃんとは全く正反対の性格を持つすじこは、社交的で明るい性格。そんな兄妹が力を合わせてメガネ屋さんを始める事になった。しかし、店舗物件を借りる資金もなく、訪問販売という手段をとるしかなかった。果たして、めでたくメガネは売れるのだろうか?なぜすじこかって?それは、股間を見れば分かりますw。

母親のいない琴音には、友達のように仲のいい父親がいた。人もうらやむような仲睦まじい親子は、娘がオープンキャンパスにイクため上京していた。宿泊先のホテルで、空気清浄機の貸し出しをお願いした時、空気清浄機を持って来たホテルマンが、奇しくもかつての琴音の父の部下であった。そのホテルマンは、父に相当なパワハラを受け、その会社を辞めざるを得なかった。久しぶりの因縁の再会に、怒りが込み上げて来たホテルマンは、その矛先を琴音の爆乳にムケ、復讐を誓うのであった。

出張爆乳むっちり専門ソープ店に入店したばかりの琴音。まだ、ぎこちなく慣れない手つきではあるが、お客様にテクニックを教わりながらも気持ち良くなってもらうのが嬉しくて堪らない。ご奉仕好きの琴音は、素直に言うことを聞き入れ、性欲に飢えたお客様に生中出しをされても満足に受け入れてしまうのであった。

スカウトマンから居酒屋で働くピッチピチの爆乳店員がいるとの連絡が入り、Fitchスタッフが緊急調査!密着取材と偽りエッチな撮影を強行。バナナフェラや玩具を仕込んで働かせたりするなどヤリタイ放題!そして遂に白く透き通るムッチムチの爆乳ボディがカメラの前で露わになる!経験人数はたった1人。なぜ彼女はAV出演を決意したのか?AV出演交渉のやりとりまでもが収録された、女優が誕生するまでの全記録!

PR
PR