人妻痴女高嶋美鈴とシックスナインで舐め合うの最高w

2014-07-25

お気に入り登録

エロエロな大人女優なのにどこか初々しい高嶋美鈴が、大量ゴックンに初挑戦。眉間に皺を寄せて飲むので「つらいの?」と聞いたら、そんな風に教育されているの…。ああ、ドマゾ女の精飲ってこうなんだ。飲むほどに妖艶に美しく、さらに可愛らしくなっていく美鈴。合計21発の濃厚ザーメンを6つのシチュエーションで飲み干しました。もちろん、ザーメン実験室では口の奥の奥までみなさんに晒して恥ずかしいネバスペを披露。喉の中までドロドロになった女のエロい姿を堪能してください。

マンションの隣室に暮らすラブラブご夫婦。先日待望の第一子が産まれたとの事で、今朝もまた、隣室の美人妻・高嶋美鈴が、ベビーカーを押しながら、幸せそうに出かけていく。毎朝毎朝、隣室奥さんの無防備な透けパンぷりけつを見ていると、あのぷりケツを、毎晩毎晩好き放題に出来るお隣のご主人に、猛烈に嫉妬の炎が燃え上がってしまい…。

結婚して数年…休日の前には決まって夜の営みを行ってきた高嶋夫婦だったが最近は全くのご無沙汰。毎晩のように夫の眠る傍で自慰に耽る妻・美鈴の性欲は既に限界を超えていた。ある晩、部下・望月を自宅でもてなすが酒の進み過ぎで夫は酔いつぶれ、美鈴と望月の二人きりになる。緊張のあまり帰ろうとする望月に、美鈴はいきなり股間を握り締め「私のこと、ずっと見てたんでしょ」と硬くなった肉棒をおもむろにしゃぶり始めて…。

夫の提案で、子宝温泉へと行く事となった。しかし、そこで思わぬ事態に巻き込まれ、温泉コンパニオンとして働く事を余儀なくされた貞淑妻の美鈴。夫の寝ている隙に監禁され、下品な湯治客達の相手をする事になってしまう事を強要されてしまった。そして、様々な客の相手をするうちに美鈴のテクはどんどん磨かれていき、卓越した泡姫テクをみせるのだった。

貞淑なる美尻妻・高嶋美鈴。入院中の夫・白石のために、今日もお見舞いに来ていた。カツカツと、ぷりぷりと、廊下を歩くぷりケツ。すれ違う人々や医師が、思わずその魅力的な流線型の、俗に言うタマんねえケツした人妻・美鈴を、眼で追いかけてしまうのだった…そして、旦那の見舞いに来ている最中は、カーテン越しにそのタマんねえケツが隣りのベッドにまでハミ出していたのだった…。

晴天の空。とある農村の小道を仲睦まじく歩く夫婦。楽しげに夫の実家に帰省してきた高嶋夫妻。美人妻・美鈴は、結婚当初からの疑問があった。夫の実家の二階で引きこもる、義理の弟・ケンジの存在だった。彼は、十三年間もの長期に渡り、腐臭漂う二階にて引きこもり生活を送る堕落青年であった。長旅の疲れを癒すかの如く、入浴をした後の出来事だった。美鈴が風呂場を出た所で、台所の冷蔵庫からガツガツと食料を貪るケンジが居た。しかし、十三年間引きこもり続けた男の目には、あまりにも眩し過ぎる東京のオナゴの女体隆起に…。

PR
PR