巨乳美女が強引に犯されながらも感じちゃって声が漏れちゃう市川たづな

お気に入り登録

麻薬課課長・捜査官:市川美穂(市川たづな)。…悪を憎み正義の僕となった女捜査官が捜査した末にに辿りつくのは、上司に裏切られ、肉体を蹂躙され、地位も名誉も奪われ、オマンコするためだけに存在する生き物になること。

彼との出会いは三年前。同僚と興味本位で入ったホストクラブだった。私の人生ではまったく接点のない暮らしの中にいた彼に…、私はいつの間にか激しく惹かれていた。そして私は、彼の為に勤務先の銀行のお金に手をつけた。

結婚して3年、やっと主婦業が身についてきた気がする。夫のたかしさんはサラリーマン。ローンを組んで家も手に入れた。後は男の子でも女の子でもいい、子供を授かるだけ…。だけど何だかこの頃、誰かの嫌な視線を感じるの…。

広告代理店の営業主任のたづなは大規模な商談の最終局面を迎えていた。競合相手との攻防、クライアントとの交渉に忙しい毎日…そんなある日、彼女はクライアントの工藤に競合相手と共に食事に誘われるのだった…。

PR