四十路熟女大橋ひとみの中出し近親相姦

2013-12-19

お気に入り登録

町内会長の夫を支える妻のひとみは、温厚な夫とは違い規律に厳しく、ある日の会合でも厳しい意見を発していた。そんなひとみを日頃良く思っていなかった工藤と白川は、会長の夫よりも妻のひとみをどうにか操ろうと考える。そして、夫の留守中にひとみを縛り上げると固く閉ざされたプライドマンコをかっぴらき犯していくのだった。それからひとみを緊縛し辱めていくと、会合でメス犬のように従順な姿を夫に披露するのだった…。

以前から、愛する我が子と親子以上の関係をもっていた母のひとみ。朝から駄々をこねる息子をフェラチオで気持ちよく学校へ送り出し、ちょっとした怪我でも大騒ぎで治療にあたる。だが、息子が勝手にオナニーすることや彼女を作ることは絶対に許さない。その代わりに異常な愛情を息子に注ぎ込むのであった。

大好きだった母さんが亡くなり、古びたアパートで大嫌いな親父と二人で暮らしていたある日、突然あの女がやって来たのだ…。親父とはおよそ不釣り合いなイイ女「ひとみさん」は、いつも<谷間>や<パンツ>を見せつけてきて…僕は目のやり場に困りずっと部屋に閉じこもっていた。しかし、親父が事故で入院する事になった数日間、僕の面倒をひとみさんが見てくれることになり、奇妙な二人きりの同棲生活が始まったのだ…。

職場に毎日通い刺激が無く淡々とした日常を続けている内に刺激を求め、疼く身体を持て余し、忘れられないオンナの快楽を満たす場所を探して彷徨う巨乳介護士のひとみさん41歳。自分の欲望が満たされる場所があると聞いてAV出演を決められました。ほどよく熟したひとみさんの身体は感度良好で乳房をしゃぶるとショーツを濡らし潤んだ瞳で男根を求め精子を欲し腰を振り乱します!

勉強を真面目に勤しむ息子の溜まっていく活気に溢れた若い性欲を処理してあげようとひとみさん自らの身体を使って息子を満足させる。若くハリのある息子の胸をはだけさせるとひとみさんは優しく乳首を攻め立て勃起してきた男根を丁寧に手コキして刺激を与える。我慢が出来なくなった息子はひとみさんをベッドに押し倒し母親の乳房に顔をうずめ甘え堪能する。我慢汁がしたたる男根を愛おしそうに頬張るひとみさんは射精寸前で震える男根に優しく「出して良いのよ」と、語りかけ射精を促し口内で受け止める!

まずはOL役。地味なOLの実態は狙った獲物は逃がさない肉食女子。今日もどこかの営業マンをいただいちゃいました。次は夢魔役。枕元に現れる赤い長襦袢の女は一体誰だ?しかもとっても気持ちいいことしてくれる…。そして風俗のオーナー役。いい男が来るとつまみ食いをしてしまうという悪い癖が出ちゃいます。最後は奥さん役。大好きなダーリンのためにはいっぱいサービスをしちゃうエロエロ奥さん!

PR
PR