チンポ連呼中毒 結城みさ

2014-09-17

お気に入り登録

嫉妬・中傷・讒言・裏切り・恫喝、外事省腐敗官僚どもの泥沼の中で出世階段を登りつめ栄光のゴールに手をかけた瞬間、地獄の罠に足をすくわれ国益の大義の下に陰湿な拷問を受ける美貌の切れ者高級官僚MISA!!

ヘルパーとして働き始めて一年の人妻・みさ。生来の面倒見の良さもあり、充実した日々を送っていた。ある日、担当患者の松尾の部屋に訪れると、自慰の最中に慌てて部屋を飛び出すみさだったが…。ヘルパーとして自慰のサポートをするのも仕事と決心し、服を脱いで夫に仕込まれたフィストオナニーを見せつけるのだった。そして退院前日、最後の訪問にやってきたみさに松尾は剃刀を片手に「剃毛させてほしい」と懇願をしてきて…。

すべて終わった…。私はこの世界に戻ることはないだろう。私の特殊な能力である占い。私の身体を欲していた彼らだが、私は彼らに体を許すことはなかった。どうしても私は黒い肌が触れることが耐えられない。もし黒い肉棒を受け入れたら私の価値はなくなり、占いの能力もなくなる。だから絶対に相手にしてはいけない。しかし占いの能力が…。

あの大人気美熟女「結城みさ」の超エロいシーンをメロウムーン・レーベル出演作品から名場面を抜粋したベスト版。

今回、特別にAV撮影に出演したみささん。何故AVに出演したかと問うと「興味本位で…」と、緊張した面持ちで返答を頂きました。日々の家事をこなし適度に絞られた美しい体はまるで20代の様で、メガネがよく似合い小振りながらも感度の良い乳房と丸くセクシーなお尻をもった人妻さん。初めての撮影で緊張されていたみささんも、撮影中盤に差し掛かると慣れて来たようで男優と積極的にプレイを楽しんで頂きました。そんなみささんの魅力を全て詰め込んだボリュームでお届けします!

ようこそ拷問倶楽部へ…ここは貴女の妄想の世界です…さあ、何から始めましょうか…?これは夢?それとも現実?過激な拷問の数々が女の体と精神を破壊してゆく…「ねえ、なんで?嫌ぁああ、誰か助けてぇぇえええ!!」

PR
PR