28歳の巨乳美女をハメまくり最後はザーメンをお顔に発射

2014-06-26

お気に入り登録

最近、優花お義母さんのおっぱいが気になってしまう。無意識なのだろうが、いつも谷間を強調した服ばかり着ているのだ、気にならない方が不健全…!最近では、妄想でその乳に顔を埋めて、揉んで、パイズリ、そしてセックスまで…。しかし、妄想で股間の暴走が止まらないのは困りもの。勇気を出して打ち明け、遂に体験するパイズリ!そして、夢にまで見たプレイは想像をはるかに超えており、僕の要求と欲求はエスカレートして…。

息子のイジメを知り、母の優花はイジメっ子の幸平を呼び出し説教をするが、そこで幸平の母親がいない身の上を知る。逆に強く叱ったことを謝る優花に「謝るくらいなら僕のお母さんになってよ。そしたらイジメをやめるよ。」と交換条件を出してきたのだ。そして要求は「おばさんのおっぱい吸わせてよ。」と過激さを増していく…。

長引く不況の中ここまで綱渡りのような経営で何とか毎月乗り越えてきたその小さな町工場も、今月ばかりはどうにも金策がつかずに追い詰められていた。朝。鬼気迫る表情で帳簿と向き合う経営者の夫に、貞淑なる美人妻優花は心配そうにお茶を出しつつ声をかけた。「アナタ…あまり無理をなさらないで…」大丈夫さと笑って銀行へと向かう夫。その日の午後、近所のスーパーへと買い物に出かけた優花は、大学時代の先輩、ユウジ君と偶然再会した。聞けばその彼、今は、隣町の風俗街で何軒ものお店を経営する社長さんをされているとの事だった。

仕事のミスで落ち込む新人社員の堀尾。そんな堀尾を元気づけようと部長の橘が夕食に招いてくれた。美味しい部長の奥さんの手料理に元気を取り戻す堀尾。だが一番の理由は部長の奥さんである優花が美しく色気溢れる女性だったことで…。その晩、部長宅に泊まった堀尾は夜中、艶かしい喘ぎ声を上げオナニーに耽る優花を目撃してしまうのだった!!

‘しょう太’の兄が数年ぶりに彼女の‘橘優花’を連れて帰省してきた。しょう太は兄そっちのけで優花のボインに大興奮!ガキのくせに性欲旺盛なしょう太は兄の隙を伺い優花のボインにタッチしたいと計画を練ります。大人気の優花ちゃんの愛くるしい笑顔と爆乳にあなたも虜になること間違いなしです!!

我々取材班のもとに届いた一通の封書…そこには、にわかには信じ難い驚愕の犯行歴が淡々と綴られていたー。北関東某県某市の結婚式場を舞台に暗躍する、極悪非道の花嫁専門レイプマン山村清一氏ご本人への顔出しNG極秘取材にて明かされる、興奮確約のウェディングレイプ事件簿!驚愕の手口と犯行の一部始終を目撃せよ!

PR
PR