さくらい葉菜 恥ずかしがり屋で清純そうな雰囲気なのに一回スイッチが入っ...

2015-04-24

お気に入り登録

恥ずかしがりなFカップの美人妻が縁側で腰振りまくりのド淫乱![投稿者]パパになりました

出典元

「ねえアナタ、ちょっと気になる事があるんだけど…いえ何でもない。アナタが長期出張でしばらくいなくなると思うと不安で変な夢見ちゃったみたい、気にしないで。いってらっしゃい…」夫が不在になり義父と2人きりの家の中、女盛りの体が火照りついオナニーを繰り返してしまう嫁・葉菜。その嫁の痴態をそっと覗き見る義父。ある日葉菜は見てしまった!清拭している時の義父の股間が膨張しているのを!「お義父様…下も拭きましょうか…?」葉菜はつい言ってしまった!禁断を誘うその言葉を……

病弱な義母の介護をする為に夫の実家へ住み込む嫁・葉菜。義母の陰湿な嫁いびりに心が折れそうになるが、義父の励ましに救われる。ある日、下着が盗まれたことに気づいた葉菜はニートの義兄を疑い、部屋に呼び出す。しかし以前から義兄に狙われてた葉菜は、その場で押し倒されてしまうのであった。その様子を隠れて聞いてた義父は、弱りきった葉菜を責め立て嬲り者にしていく。それ以来、葉菜を自分の所有物のように扱い…。

私がアナルの快感に目覚めたのは、甥っ子のジロウ君が受験に失敗し家に来た時のことです。私がジロウ君を慰めていると胸を触ってきたのです。落ち込んでいるジロウ君が少しでも元気になるならと触らせてあげたのですが、ジロウ君は興奮してしまい私の体中を触ってきました。私は、驚きましたが次第に感じてしまって…。

最近、息子が自分の身体を見ているような気がする母。まさかと思う母だったが、息子の視線に体の芯が熱くなり指が自然と股間の奥へと伸びてしまう。そんな母の思いに呼応するように息子は風呂に入っている母の元へ行き「背中を流すよ」とその美しい柔肌に触れる…。

PR
PR