検索結果: 1 件

タグ一覧

美羽は結婚してから今まで幸せな日々を過ごしてきた。しかしそんな未羽にはひとつだけ悩みがあった。それは結婚して2年になるがなかなか子供が出来ないことだ。夫に相談しても忙しいからと話も聞いてくれない。悩んでいた未羽だったが、そんなある日、夫の友人であるタケシが家に来た。未羽はカッコよくて面白いタケシが気になり始め、夫の相談とかこつけてタケシを誘惑しはじめるのだった…。

鮮やかな手口で証拠を何一つ残さず次々と犯行を重ねる卑劣な暴行魔。顔を見られる事も指紋を残す事もなく、体液の一滴体毛の一本まで回収し、女に暴虐の限りを尽くして去って行く緊縛暴行蹂躙シリーズ第2弾!

未羽と隆は結婚して3年目、隆の父親と3人一つ屋根の下で暮らしていた。未羽と隆は新婚の頃は仲が良かったものの隆は朝帰りを繰り返すようになり、今では夫婦の会話は無くなっていた。そんな息子夫婦の様子を心配するように見ていた夫の父親。しかしどうすることもできずにいた。そんなある日、父は未羽が独り寂しくオナニーに耽る姿を目撃してしまう。

夫の智也と暮らす未羽。夫の上司である高木部長は、未羽を以前から狙っていた!夫が出張中のある日、具合を悪くした未羽を高木はレイプする。夫の出世の事も考えると断れない未羽は、高木の言いなりとなり、性奴隷と化していった。日に日にエスカレートする高木の凌辱調教にやがて身体は反応し…。

血のつながらない義父。あの下衆で醜悪な男に、僕の母さんは毎晩毎晩抱かれている。僕の部屋まで聞こえてくる喘ぎ声…もう限界、我慢できない。指をくわえて見ているだけの日々は終わりだ。今日、僕は母さんを犯す。そして、母さんをあの男から奪い返し、僕のモノにする。あんな男よりも、僕の方が母さんを幸せにできる。そうだよね、母さん?