高城ゆい

高城ゆい

和風な雰囲気で凌辱する新企画始動。シリーズ第3弾!

豊満でハリのあるオッパイ、ピンクの乳首、腰のクビレ、美白の美肌!高城ゆいちゃんが素晴らしい美乳を揉まれ舐められ感じちゃう!犯せば真っ白な巨乳が揺れまくり!激しくエロい!

洋服を上から順番に脱がせていく。ブラを外したところで思わず手を止めた。目の粗い黒の網タイツが彼女の丸く張った尻に食い込んでスゴくセクシーだったから。『やだ、恥ずかしい。灯り消して…』ゆいが雪の染み込んだような白い肌を赤らめる。丁寧にタイツを脱がせ、シミ一つない美しい尻を揉み、舐め、顔をうずめ、硬くなったチンポを激しく擦りつける。挿れたい…でも本番禁止だしな…そんな僕を見透かしたように彼女が耳元で囁く。『いいよ、中でシて。お店には黙っててあげる。アタシもほら、こんなにビショビショ』