青山はるき

青山はるき

史上最強のザーメン耐性を持つと言われる青山はるきがついにゴックン物に出演だ!デビュー当初は、「日本一のチャットレディー」で有名だった彼女だが、どっこい本質は強烈なザーメン女優。さすが人材発掘が得意なラッシャー監督。今回、彼女がチャレンジするのは18発の特濃汁。中には一か月も溜めてきた猛者も。アーンと開いた口の中に白い山。その向こうに見える喉チンコまでネバネバだ。普通なら顔が青ざめるような汁でも、彼女ならおいしそうに笑顔でゴクリ。もちろん、ネバスペ・コーナーも楽しげに粘膜中ネトネトにしてパフォーマンス。

「お前に、こっそり教えてやるよ。近所に住んでるあの美人な人妻いるじゃん。俺、この間ヤっちゃったんだよねぇ」と、自慢げに話す友人から事の顛末を食い入るように聞いた俺の息子は、それだけでビンビン。普段からウソが多い友人の話をまともに受け止めるのは正直、危険な気もしましたが、前から狙っていたアノ美人妻がもしかしたら…と欲望に負けて、旦那がいない間を見計らい試しちゃいました。最初こそ嫌がるものの、強引なキスとカラダを弄ればビクビクしながら腰砕けで失禁しちゃいます。

夫の居ぬ間にやって来た義兄。夫とは違う男らしい身体に欲情したはるき。過ちを犯す。とことん、堕ちていく…。でも、後悔はしていない…。激しく犯されて、女としての悦びを思い出す…。

あるモデルプロダクションから大推薦された女優(催眠経験無し)実際会ってみると、性格の良さと人なつこさに興味を持ち、催眠術師の元に連れて行きました。簡単な予備催眠からとんでもない反応を見せたので、慌てて撮影を始めました。今回は常にカメラを回し続け、休憩中に悪戯したりたっぷり弄びました。とてつもないポテンシャルに、術師が楽しそうに施術していたのが印象的でした。