深田梨菜(深田梨奈)

深田梨菜(深田梨奈)

真夏の午後…陽の照りつける座敷で汗ばみながらうたた寝する愛人の乳房の谷間にゾクゾクっときた。眠る顔は子供のようにあどけないのに、このカラダはどうだ…弾けんばかりの若い肌くびれ腰。そりかえるほど尖った乳首をなぶると甘い声で泣くから愛撫をやめられなくなる、エエ女になったなぁ…。ここまでくるのに毎日毎晩抱いて縛ってかいがあったとゆうもの。長い髪をふりみだし布団のうえで淫らに濡れる敏感な蕾をつねりあげるとあっけなく昇天。首縄にかんじる梨奈をイヌにして奉仕させ、欲しがるのを焦らし焦らし… 後手を完全にキメて全身を弄ぶ。