沖ひとみ

沖ひとみ

夫・俊吾の仕事の都合で、俊吾の実家へと引っ越してきたひとみ。新しい暮らしに不安を抱くひとみだったが仕事人間の俊吾は全く相手にしてくれない。そんなひとみの寂しさに気づいたのが義弟の昌宏。荷物の片付けすらしない兄の代わりに昌宏はひとみの手伝いをしていた。しかし、引越し当日、無防備な姿をしていたひとみは欲情した引越し作業員達に犯されてしまう。そして、傷ついたひとみの姿を見た昌宏はなんとか慰めようと…。

一目見た瞬間に心を奪われた。綺麗な瞳、抱きしめたら折れそうな華奢なカラダ、そのカラダとは裏腹に膨よかな胸。気づけば奥さんの家に忍び込み、奥さんを犯していた。しかし、それでは飽き足らずに僕はその家に住むことにした。

資産家の田所家でメイドとして働いていた深雪(沖)は、努力して一流大学に入り、家庭教師として再び田所家を訪れる。しかし、使用人の高津に犯され、田所に調教されて、さらには彼らの息子たちにも犯されることに…。

香(沖)は雑誌ライターの良助と結婚して幸せな新婚生活を送っていたが、裏組織の連中に拉致されて調教される。そして、いくつもの店に売り飛ばされた末、偶然に場末の風俗店で良介と再会するのだった…。

義父母が事故で亡くなり、葬儀の為、夫の故郷に帰省したひとみ。その間夫婦は、義兄の卓が勤めていた学校の宿舎に身を寄せることに。そんな中、弟の耕作に対して劣等感を抱いていた卓は、ひとみに歪んだ感情をぶつけはじめる。

俺の名前は工藤雄一。物心ついたときからこの異常に強い性欲に振り回されてきた。そこで紹介されたのが「依頼された女を犯す‘プロのレイパー’」という仕事。性欲を持て余した俺にはまさに転職だった。