菜月綾(水来亜矢)

菜月綾(水来亜矢)

ここ北の国では今、革命が起こっていた…。将軍サド16世は兵器である人造怪人を使い、反乱する市民達を惨殺し始めた…。その暴力という国家権力に脅え市民達はなす術を無くしていた…。だが、絶望と恐怖の中で生きる貧しい市民達の前に一人の救世主が舞い降りた…。