宮崎良美

宮崎良美

中出し撮り下ろしシリーズ第五弾。今回は結婚17年目42歳の専業主婦。夫とは2年セックスレス。セフレなし。溜まった性欲を爆発させるスタイル抜群の童顔熟女が、女性としては最後の扉と言える「アナル&中出し」セックスを受け入れる様を、じっくりとたっぷりと堪能できるよう制作。他とはちょっと違う最高品質のマニア映像。

幼い頃に父を亡くして母・良美と二人で過ごしてきた息子・正男。密かに母を異性として意識していた正男は「このまま二人で暮らせたら」と淡い願望を抱いていたが…。ある夜、正男が帰宅すると同窓会で遅くなるはずの良美が男と部屋にいるのを目撃してしまう。二人は見られている事も気づかず互いを求め合い、それに悔しさをにじませる正男。「母さんが他人の物になってしまうのなら、いっそのこと…」

宮崎良美38歳、結婚5年目の主婦。寝台列車は初めての体験であり、夫以外の男性も初めてである。緊張と不安を抱えながら列車は発車する。オナニーで我慢していた敏感な身体をくねらせて、車窓に裸体を写しながらセックスに溺れる。翌日の朝もシャワールームでボディ洗い、そしてバイブで弄ばれ再び男根を咥えこんでいく。

久しぶりに、東京の親戚の叔父さん叔母さん宅を訪ねた青年は、久しぶりに見る叔母・宮崎良美の熟れた肢体に目を奪われる。彼自身、母の妹である彼女の事を、母親と同じ位慕って来た。そして、一緒に過ごしていくうちに、徐々に青年は叔母さんの熟した身体に悶々とし始める。そして、新しい仕事と住居が決まり、都内での自立した生活を始めようとする決意の日。叔母さんと二人っきりになった瞬間、親戚の叔母さんと甥っ子が、ついに一つになった…。

奥ゆかしくて、とても素敵なミドル宮崎良美さん。昔ミスキャンだったことが良くわかります!年を重ねても美人なのに、消極的になっていた良美さんですが8年ぶりのセックスでド変態ぶりを発揮!敏感になりすぎた熟した体はいやらしいです。