倉木みお

倉木みお

夫の連れ子を何より大切に想う継母のみお。優等生だった娘が、ある日突然、万引きで捕まったと連絡がくる…。退学を免れるため学年主任に自らのカラダを捧げるみお。やがて学年主任の暴走は止まることを知らず、娘の目の前でみおを犯しはじめる!!恥虐に苦しむみおだが女としての性には逆らえず度重なる絶頂をむかえる!!

DMM発アドリブ痴女ライブ!!まったりとルーズに挑発する、助平ボクロがエロいフェロモンぷんぷんの女が、ディープな接吻で勃起させたチ●ポを、自ら積極的に喉奥まで突き刺すディープスロートで呑みこみ、涙を流しながら主導権を握ると、あらゆる体液にまみれたまま、貪るように全身をオクチで愛撫しあい、手マン愛撫で自分勝手に絶頂すると、『拡げて待ってるから』と言いながら、またもやオナニーで単独絶頂…かと思えば、窒息するほどの接吻でも何度もイキまくり、発射後に丁寧なお掃除フェラをした後は、激ヤバな放心状態に浸る。

今作のエステティシャンは倉木みおサン。まずは、胸部にオイルを伸ばし、華麗な手つきで乳頭を何度も刺激していきり立ったペニスから純白の男性ホルモン液を放出させる。次に自らのクリトリスをお客様の乳頭に擦りつけペニスの裏筋も一気に擦り上げ、仕上げはマ●コで優しく包み込むコース。足から腕、臍から乳首に至るまで密着され舐めつくされる夢の中でのセラピストによるベロエステです。最後は、セラピストのボディで全身を解していき、互いが感じあう心と体のセラピーで最高の時間と空間を演出しもてなします。

連日私の元を訪れるマゾ志願妻の中でも、スタイル抜群のみお。彼女は子供の頃から、よく痴漢や性的イタズラに遭うので悩んでいた。夫からのDVが激しくなり、本当の自分はハードな羞恥プレイを好む真性のドMなのでは、と疑い来院した。調教を開始すると、野外で特に興奮する体質と判明。1時間ほど裸で公道を散歩させてやると、羞恥心でマ●コをグチョグチョに濡らし、肉棒を見ると上下の口で咥えこもうと必死になった。みおは先天的なマゾヒストであり、自称マゾ女とは一線を画している。

女監督ハルナが、野獣系肉食女優「倉木みお」と共に165cm以上の背の高いお姉さん限定でレズナンパ!6組7名のスレンダーボディーを自慢の長ベロで舐めまくる!濃厚Deep、ねっとりクンニ、双頭ディルド、シナプス・電マ、貝合わせで初レズながらも恥じらい激イキ!

決して被虐願望など持たないような普通の男たちが、真紅を身にまとった謎の美女によって肉体と精神を改造され、被虐の悦楽に堕ちて行く姿を収めたアブノーマル・ファンタジー!倉木みお扮する謎の美女による執拗なアナルを責めに、最初は激しく抵抗して違和感を訴えていた男たち。しかし犯される悦びに目覚めてしまった彼らは、女のように悶えながらザーメンを噴き上げてしまうのだった!